ホワイトペーパー ダウンロードサービス

シニアの金言

皆で、「あそこ、危ない!」

79歳女性

段差があれば、お互いに指差し確認

階段を上がる時は、必ず一段ずつ。下りるときは、街の中でも、絶対に手すりに摑まる。段差があったら必ずつまづくと思っている。同じ年配のお友達と出かけるときも、段差があれば、みんなで注意し合うのよ。「あそこ危ない!」って。

シニアの金言を読み解く

要支援、要介護状態になった原因で、第1位を占めるのが「運動器の障害」。
要支援・要介護の4人に1人は、「運動器の障害」だと言われている。
とくに女性は75歳以上になると、歩行困難者が俄然増えてくる。転倒は大きなリスクなので、複数人の時は声を掛け合うというのも、有効な手立てだろう。

詳しくは

http://www.nspc.jp/senior/archives/1355/

シニアの金言 ご利用にあたっての注意事項

当コンテンツの内容は、日本SPセンター シニアマーケティング研究室に帰属します。
転載はご自由ですが、「日本SPセンター シニアマーケティング研究室ホームページより引用」との一文の追記をお願いします。

<シニアマーケティングに関するお問い合わせ>こちらのメールアドレスにお気軽にご連絡下さい。

このページの先頭へ